GETTY

Photo: GETTY

ラナ・デル・レイは彼女の楽曲“Get Free”をめぐるレディオヘッドとの争いが終わったことを明かしている。

今年1月、ラナ・デル・レイは『ラスト・フォー・ライフ』収録の“Get Free”がレディオヘッドの“Creep”を剽窃していると訴えられていると報じられ、彼女は報道を認めるツイートをしていた。

彼女はその後、ライヴでこの件について言及し、結果としてアルバムから楽曲が削除される可能性があると述べていた。

今回、ラナ・デル・レイは現地時間3月25日にブラジルのサン・パウロで行われたロラパルーザ・ブラジルに出演し、“Get Free”を披露した後、観客にこの件を報告している。

争いがどのような形で解決されたのか詳細は明かさなかったものの、ラナ・デル・レイは観客に次のように語っている。「つまり、私の訴訟は終わったってことよ。この曲をいつでも好きなときに歌えると思うわ、分かる?」

一方、今年1月にレディオヘッドの出版管理会社であるワーナー/チャペルの広報担当者が発表した声明では、両陣営で「話し合い」は持たれたものの、訴訟を起こしたかどうかについては否定していた。

「レディオヘッドの楽曲の出版管理会社として昨年8月よりラナ・デル・レイの担当者と話し合いを持ったのは事実です。“Get Free”のヴァースが“Creep”のヴァースに見られる要素を使っているのは明らかで、“Creep”の作曲者全員の支持を得て、このことが認められることを求めてきました。誤解を解いておきますと、訴訟は起こされておらず、レディオヘッドは“Get Free”の出版権の『100%でしか応じない』とは述べておりません」

Copyright © 2018 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ