GETTY

Photo: GETTY

スパイス・ガールズの再結成についてメラニー・チズムは、ヴィクトリア・ベッカム不在でのスパイス・ガールズの再結成はないと語っている。

ヴィクトリア・ベッカムが再結成ツアーの可能性を完全に否定していたことを受けて、スパイス・ガールズが4人でのパフォーマンスを視野に入れていることが先日報じられていた。

しかし、メラニー・チズムは『ザ・サン』紙に対して次のように語っている。「ヴィクトリアははっきりと言っていたんだけど、(ライヴは)現時点で彼女のやりたいことじゃないのよ」

「5人全員じゃなきゃいけないと思うから、きわどい問題よね」と彼女は続けており、残りの4人のメンバーによるツアーについても「まったく予定はない」としている。

「かなり初めの段階なの。私たちは新しい音楽のことも、ツアーを一緒にすることも現時点では話し合ってないのよ」とメラニー・チズムは続けている。

「私たちが共にやってきたことを忘れないように思い出して、(マネージャーである)サイモン(・フューラー)と話し合うために集まったってだけなの」

毎年開催されているLGBTによるパレード「プライド・イン・ロンドン」の場で7月に再結成するのではないかという噂について訊かれると、メラニー・チズムは次のように答えている。「スパイス・ガールズが再結成するのに最適な機会ではあるとは思うけど、残念ながら、今年はスパイス・ガールズをステージで見ることにはならないと思うわね」

また、メラニー・ブラウンが先日、ヘンリー王子とメーガン・マークルの結婚式にスパイス・ガールズが出席する可能性について明らかにしたことについてもメラニー・チズムは言及している。「メルはちょっとしたジョークを言ってただけなんだと思うわ」

「チャールズ皇太子とは何度も会ったことがあるけどね」と彼女は語っている。「どこに私の招待状があるのか尋ねるつもりよ。だって、私はまだ自分のをもらってないからね。メル・Bは自分のがあるって言ってたみたいだけど」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ