GETTY

Photo: GETTY

スマッシング・パンプキンズは新たなアーティスト写真を公開し、来たるツアーが刺激的なものになることを予告している。

スマッシング・パンプキンズは、ビリー・コーガン、ギタリストのジェイムス・イハ、ドラマーのジミー・チェンバレン 、そして長年のコラボレーターであるジェフ・シュローダーという布陣で復活を果たしている。オリジナルのベーシストであるダーシー・レッキーは参加しない。

先日、バンドは2018年のツアーを発表しており、それに際して名作『サイアミーズ・ドリーム』のアルバム・ジャケットをオリジナルのモデルで再現している。また、バンドはリック・ルービンのプロデュースによる再結成アルバムの最終段階に入っていることも明らかになっている。

そのなかで、バンドはプロモーションのためのアーティスト写真を公開しており、「シャイニー・アンド・オー・ソー・ブライト2018」ツアーについて次のように述べている。「今回の公演とステージは今までやってきたものとは違って、僕らが演奏したことのないような曲目なんだ。その点において新たな始まりのチャンスになるとしたら、真の衝撃と共にそれを起こすことを計画しているんだ」

さらにビリー・コーガンは1995年のライヴのセットリストの写真を公開しており、ファンを興奮させている。

ビリー・コーガンはスマッシング・パンプキンズの新曲として“Alienation”、“Travels”、“Silvery Sometimes”、“Solara”、“With Sympathy”、“Marchin’ On”、“Knights of Malta”、“Seek And You Shall Destroy”の8曲のタイトルを公開している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ