GETTY

Photo: GETTY

リアム・ギャラガーは今後ハゲてしまった場合はカツラをかぶるとし、「誰もハゲたロック・スターなんて見たくないだろ」と語っている。

リアム・ギャラガーはソロ・デビュー・アルバム『アズ・ユー・ワー』を10月6日にリリースする。9月28日にはアルバムから“Greedy Soul”のスタジオ・ライヴ映像を公開している。

10月2日発行の英『ビッグ・イシュー』誌にリアム・ギャラガーは次のように語っている。「誰もハゲたロック・スターなんて見たくないだろ。もしハゲたらカツラをかぶるね。マジでそれが正解だろ。間違いないよ。恥ずかしいことでもないしね。お前だったらどうする? 黙って苦しむようなことはしないね。絶対にそうするよ」

リアム・ギャラガーは続けて自身の「ヘア・ヒーロー」として「1968年頃のキース・リチャーズ」を挙げて、次のように説明している。「エルヴィスっぽいし、すごい長いだろ。完璧な髪型さ。俺も数ヶ月前この髪型にしてたんだ。でも、先週なんとなく思ったんだ、『クソ退屈だな、散髪にでも行くか』ってね。それで美容師に『バリカン持ってるか?』って訊いたんだ。奴が『はい』って言うから、『じゃあ切っちゃってくれ』って言ったんだ」

「UKツアーをやる頃までにはパーマをかけるかもしれないね」とリアム・ギャラガーは続けている。「マーク・ボラン風だね。分からないかもしれないけど、あれこそ人生における美だね」

iTunesではアルバムの予約が受け付けられており、予約すると先行で“Wall of Glass”、“Greedy Soul”、“For What It’s Worth”、“Chinatown”の4曲を先行でダウンロードできる。

リリースの詳細は以下の通り。

リアム・ギャラガー
『アズ・ユー・ワー』
10月6日リリース
WPCR-17915
¥2,200+税
日本盤のみボーナストラック3曲追加決定
1. Wall Of Glass / ウォール・オブ・グラス
2. Bold / ボールド
3. Greedy Soul / グリーディー・ソウル
4. Paper Crown / ペイパー・クラウン
5. For What It’s Worth / フォー・ホワット・イッツ・ワース
6. When I’m In Need / ウェン・アイム・イン・ニード
7. Better Run Better Hide / ベター・ラン・ベター・ハイド
8. I Get By / アイ・ゲット・バイ
9. Chinatown / チャイナタウン
10. Come Back To Me / カム・バック・トゥ・ミー
11. All I Need And More / オール・アイ・ニード・アンド・モア
12. Universal Gleam / ユニバーサル・グリーム
13. Doesn’t Have To Be That Way / ダズント・ハフ・トゥ・ビー・ザット・ウェイ
14. All My People / オール・マイ・ピープル
15. Never Want to Be Like You / ネヴァー・ウォント・トゥ・ビー・ライク・ユー
16. For What It’s Worth(Live at Air Studios) / フォー・ホワット・イッツ・ワース(ライヴ・アット・エア・スタジオ)(* Bonus Track)
17. Greedy Soul(Live at Air Studios) / グリーディー・ソウル(ライヴ・アット・エア・スタジオ)(* Bonus Track)
18. Paper Crown(Live at Air Studios) / ペイパー・クラウン(ライヴ・アット・エア・スタジオ)(* Bonus Track)

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ