GETTY

Photo: GETTY

グリーン・デイのフロントマンであるビリー・ジョー・アームストロングが、かつて5歳の頃にレコーディング・スタジオにいた時の自分の写真を投稿している。

ビリー・ジョー・アームストロングは、カリフォルニア州ベイエリアのレーベルであるフィアット・レコーズのために、“Look For Love”という楽曲をレコーディングしており、子供時代に歌の先生だったフィアタロニとともにスタジオにいた写真を公開している。やがてその16年後に、まったく同じスタジオでグリーン・デイはブレイクのきかっけとなるアルバム『ドゥーキー』をレコーディングすることになったと彼は記している。

彼が写真に添えたキャプションは次の通り。「それでね、楽しい話があるんだ。この写真にいる素晴らしい女性はフィアタロニ先生だ。彼女は基本的に俺に歌い方を教えてくれたんだ。この写真は、カリフォルニア州バークレーにある『ファンタジー・スタジオ』で1977年に撮られたものだよ。俺は5歳だった。“Look for Love”って曲をレコーディングしていたんだ。16年後には同じスタジオで、グリーン・デイとして『ドゥーキー』をレコーディングしたんだ。(右の男性はエンジニアだよ)」

彼によるインスタグラムの投稿は以下の通り。

ビリー・ジョー・アームストロングとランシドのティム・アームストロングは先日スーパーグループを結成しており、バンド名はジ・アームストロングスとなっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ