GETTY

Photo: GETTY

ボン・イヴェールはミネアポリスで開催されたロック・ザ・ガーデン・フェスティバルのヘッドライナーのステージでザ・レヴォリューションと共演している。

フェスティバルにはカー・シート・ヘッドレスト、ベンジャミン・ブッカー、マーガレット・グラスピー、ブルーズ・ヴァイオレット、ドゥワイネル・ローランドが出演している。

ボン・イヴェールは自身のパフォーマンスの中でプリンスのバック・バンドであるザ・レヴォリューションはジャスティン・ヴァーノンに加わって、プリンスの“Erotic City”のカヴァーを披露している。パフォーマンスの模様はこちらから。

ボン・イヴェールのジャスティン・ヴァーノンは先日、ブラッド・ピットが離婚直後から没頭しているアート制作の際、ボン・イヴェールを聴いていたという報道を受けて反応を示している。

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは「解決の見えない不一致」のために離婚を申請しており、その後、子供の虐待疑惑についてはブラッド・ピットの疑いが晴れている。

『デイリー・メール』によれば、ブラッド・ピットはそれ以降、友人であるイギリスのアーティストであるトーマス・ハウザーゴと共に彫刻を制作しているとのことで、「1日15時間もの間、早朝までスタジオで悲しい曲のプレイリストを聴きながら作業を行っている」という。

今回、その報道を受けて、ボン・イヴェールのジャスティン・ヴァーノンはファンに対して次のようにツイートしている。「素晴らしいね、誰かブラッドを紹介してよ。話をしてみたいんだ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ