GETTY

Photo: GETTY

ジェットは7年ぶりとなる新曲を発表している。

2003年発表のヒット曲“Are You Gonna Be My Girl?”で知られているジェットはこれまでに3枚のアルバムをリリースし、累計で650万枚のセールスを記録している。バンドは2012年に解散している。

ジェットは7月7日に新曲をリリースしている。これはイタリアのブラッディー・ビートルーツとのコラボレーションによるもので、“My Name Is Thunder”という楽曲の2バージョンが「ダブル・シングル」としてリリースされている。2バージョンは一方がエレクトロ・サウンドとなっているのに対して、もう一方はかつてのジェットのサウンドに通じるクラシック・ロック寄りとなっている。

今回のコラボレーションについてブラッディ・ビートルーツのサー・ボブ・コーネリアス・リフォは次のように語っている。「この曲にはある種のロックのトーンが必要だと思っていてね。ジェットのニック・セスターのようなね。それで、ニック・セスターのような誰かを連れてくる代わりに本物のニック・セスターでやってみるのはどうだろうと思ったんだよ」

彼はその上でこの曲のニック・セスターのパフォーマンスを聴いて、ジェットのメンバーが「もう1度一緒にやることについて考え、話し始めたんだ」と語っている。

ジェットは2012年の解散時、次のように述べている。「作曲、レコーディング、そして、ツアーにおいて成功を収めた時期を経て、僕らはグループとして継続しないことを発表することにしました」

「世界中の多くのパブ、シアター、スタジアム、フェスティバルにおいて僕らに素晴らしいストーリーを与えてくれたのはファンでした。それらすべてに感謝します。ありがとう、そして、おやすみ」

ジェットはバンドの現状について正式な発表は行っていない。

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ