PRESS

Photo: PRESS

フー・ファイターズはニュー・アルバム『コンクリート・アンド・ゴールド』をリリースすることを発表している。

今週末、グラストンベリー・フェスティバルのヘッドライナーを務めるのに先立ってサプライズでのシングル“Run”をリリースしたフー・ファイターズだが、9月15日にニュー・アルバムをリリースすることを発表している。アデルなどを手掛けたグレッグ・カースティンがプロデューサーを務め、ベックやレディオヘッドを手掛けたダレル・ソープがミックスを担当した新作『コンクリート・アンド・ゴールド』は、「ハード・ロックの激しさとポップの繊細さの融合」と評されている。

「これまでで最も壮大なフー・ファイターズのアルバムにしたかったんだ」とデイヴ・グロールは語っている。「グレッグのメロディーセンスとアレンジ力が生きた巨大なロック・アルバムで、モーターヘッドが作った『サージェント・ペパーズ』みたいな作品を作りたかったんだよ」

「たぶんグレッグにプロデュースして欲しいな、と思ったのは、グレッグはこれまでに一度もへヴィー・ロック・アルバムのプロデュースをしたことがなかったということと、俺たちも一度もポップ系のプロデューサーと仕事をした事がなかったことからかなと思う」

BBCラジオ1でデイヴ・グロールは「世界最大のスター」がアルバムに参加しており、アルバムで「最もヘヴィーな」曲でバック・ヴォーカルを務めていると語っている。

iTunesではアルバムの予約が受け付けられており、予約すると先行で“Run”をダウンロードできる。

アルバムのトラックリストは以下の通り。

1. ‘T-Shirt’
2. ‘Run’
3. ‘Make It Right’
4. ‘The Sky Is A Neighborhood’
5. ‘La Dee Da’
6. ‘Dirty Water’
7. ‘Arrows’
8. ‘Happy Ever After (Zero Hour)’
9. ‘Sunday Rain’
10. ‘The Line’
11. ‘Concrete and Gold’

フー・ファイターズはここまで新曲“The Sky Is A Neighbourhood”と“La Dee Da”をライヴで披露している。

また、バンドはバンド史上最大級のリリース・イベント兼フェスティバルとして「カル・ジャム」を開催することも発表している。このフェスティバルにはリアム・ギャラガ―、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ、ケイジ・ジ・エレファント、ウルフ・アリス、ロイヤル・ブラッド、ボブ・モールド、ベイブズ・イン・トイランド、ザ・ストラッツ、バリー、サーカ・ウェーヴスらが出演する。フェスティバルは10月7日にカリフォルニア州サンバーナーディーノのグレン・ヘレン広域公園で開催される。

合わせて、バンドは10月から11月にかけて行う全米ツアーの日程も発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ