Getty

Photo: Getty

元ソニック・ユースのキム・ゴートンは、1991年の夏にニルヴァーナと行ったツアーについて語り、25年前の今月にリリースされたアルバム『ネヴァーマインド』に対する現在の心境を述べている。

ニルヴァーナのセカンド・アルバムである『ネヴァーマインド』は1991年9月24日にリリースされている。同アルバムがリリースされる数ヶ月前にソニック・ユースはニルヴァーナをツアーに同行させており、この模様はデイヴ・マーキー監督の1991年のドキュメンタリー映像作品『1991 ジ・イヤー・パンク・ブローク』に収録されている。

『エンターテインメント・ウィークリー』誌に掲載されたテキストの中でキム・ゴートンはツアーについて次のように振り返っている。「とても笑ってしまうような感じだったわ。だって、彼らのことを知っている人はほとんどいなかったし、彼らが一番最初に演奏してたんだから」

彼女は次のように続けている。「日中に演奏することもトップバッターを務めることもとても大変なことだけど、でもニルヴァーナはすべてのライヴにおいてワイルドにやってくれたし、カートは観客の中へ降りていっていたわ」

『ネヴァーマインド』のリリースについて、キム・ゴートンはアルバムが成功したことは驚くことではないとしつつも、同時に「メインストリームに食い込むのは不可能に見えた」と述べ、次のように続けている。「うちらは、リリース前の『ネヴァーマインド』のテープを持っていて、ゲフィン・レコードのA&Rのマーク・ケイツとそのことについて話していたのを覚えてるわ。それで、彼らのテープのコピーを渡したの。それから(1991年に)ニール(・ヤング)と一緒のツアー中に、彼にダイナソーJr.のアルバムを渡したわ……彼のステージ・マネージャーに渡したんだけどね。ニール自身がそれを聴いたかどうかは知らないけどね」

キム・ゴートンは、ロラパルーザの創設者であるペリー・ファレルが「オルタナティヴ音楽と呼ばれるもの」の市場があることを示したのだと述べており、「ニルヴァーナはよりコマーシャルなバンドになった」と説明している。「市場はニルヴァーナのためにステージを設け、彼らのアイディアは確かなものとなっていったのよ」とキム・ゴートンは述べている。「シアトル出身の他のバンドもいて……みんな一緒くたにされたわ。ブッシュとか、大きな音で演奏するバンドもいたわね。キッズはみんな、しばらくの間カート・コバーンになりたかったのよ」

Copyright © 2019 New Music Limited. NME is a registered trademark of New Music Limited being used under licence.

関連タグ