GETTY

Photo: GETTY

ガンズ・アンド・ローゼズのアクセル・ローズとダフ・マッケイガンは最新のテレビ・インタヴューでクラシック・ラインナップでの再結成について語っている。

二人はブラジルのヘジ・グローボで毎週放送されているニュース番組「ファンタスチコ」に出演して、インタヴューに答えている

再結成後としては初となるこのテレビ・インタヴューで、アクセル・ローズは、コーチェラ・フェスティバルがクラシック・ラインナップでのブッキングに興味を示したことが再結成につながることになったと語っている。

スラッシュと最初に会話を持ったときのことについてアクセル・ローズは次のように説明している。「(スラッシュの)電話番号を尋ねたんだ。それで、彼に電話をしたんだよ。スラッシュはツアー中かなんかだったね。それで、いつ会うことにするか決めたんだ。だけど、二人両方の都合に何かがあって、その時は実際には会えなかったんだよね。それで、最終的に会うことができたのが去年の10月で、俺の家で夕食を食べたんだ。その後、すぐに俺はダフとも一緒に過ごしてね。(スラッシュと会った)1週間くらい後だったね」

彼は次のように続けている。「それで話を始めて、計画を練っていったんだ。最初はプロモーション的なことからやろうと思ってたんだけど、他の物事のせいでできなくてね。それで、リハーサルに入ってみたんだよ。リハーサルに行ってみたら、すべてがあるべきサウンドになってたんだ。あとは取り組むだけだったね。これは歌うべき時だなと思ったし、サウンドがどんな感じになっているのかを見ながら、ライヴの準備を進めていったんだ。すべてがうまくいったんだよ」

インタヴューの模様はこちらから。

スラッシュは、先日、再結成をして再びやってみたその経験について語っている。

ボストンのラジオ局「WZLX」で放送されているエアロスミスのドラマー、ジョーイ・クレイマーの番組で、スラッシュはツアーにおいてバンドが「うまくやっているか」どうかを訊かれている。

「みんな素晴らしい演奏をしてるよ」とスラッシュは語っている。「うまくやってるしね。そう、みんな仲がいいんだよ。僕ら全員すごく前向きなんだ。こんなこと実現すると思ってなかったからね。今も圧倒されてる感じだよ」

「自分にとっては現実を超えてる感じなんだ」と彼は続けている。「でも、みんな本当にうまくやっててね。全員が成長したんだと思う。すべてがいい感じだよ」

Copyright © 2019 TI Media Limited. NME is a registered trademark of TI Media Limited being used under licence.

関連タグ