Sergione Infuso

Photo: Sergione Infuso

デペッシュ・モードの結成メンバーでキーボーディストであるアンディ・フレッチャーが亡くなった。享年60歳だった。現時点で死因については明らかになっていない。

「親愛なる友人で、ファミリーであり、バンドメイトであるアンディ・“フレッチ”・フレッチャーの早過ぎる死に衝撃を受けており、途轍もない悲しみに襲われています」とデペッシュ・モードは声明で述べている。

「フレッチは本当に思いやりのある心の持ち主で、支え、生きた会話、素晴らしい笑い、冷たいパイントが必要な時にいつもそこにいてくれました。遺族にはお悔やみを申し上げます。このつらい時期はプライバシーに御配慮いただければと思います」

現時点で死因については公開されていない。

アンディ・フレッチャーは“Dreaming Of Me”、“New Life”、“Just Can’t Get Enough”といったヒット曲を収録したデビュー・アルバム『ニュー・ライフ』のリリース以降、40年以上にわたってデペッシュ・モードのメンバーとして活動している。デペッシュ・モードは1984年発表の“People Are People”で世界的ヒットを飛ばしている。

2020年に彼はデイヴ・ガーン、マーティン・ゴア、元メンバーのヴィンス・クラーク、アラン・ワイルダーと共にロックの殿堂入りを果たしている。

多くの追悼の声が寄せられており、ザ・キュアーのロジャー・オドネルは次のように述べている。「ロックンロールにとってすごくひどい1日になってしまった。すごく、すごく悲しいニュースだ」

「えっ、偉大なるデペッシュ・モードの悲しいニュース。安らかに、キーボードの戦士ことアンディ・フレッチャー。早過ぎる死だ」とフェイスレスのシスター・ブリスはツイートしている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ