GETTY

Photo: GETTY

ディーヴォのフロントマンであるマーク・マザーズボウは2022年のロックの殿堂入りの候補となっていることについて語り、もしロックの殿堂入りを果たしたらオハイオ州クリーヴランドにあるミュージアムの隣に埋葬してもらいたいと冗談を飛ばしている。

ニュー・ウェーヴの先駆者であるディーヴォは2018年、2021年もロックの殿堂入りの候補となってきたが、エミネムやケイト・ブッシュ、ベックと共に今年も候補となっており、マーク・マザーズボウはロックの殿堂入りを果たしたいと語っている。

「一方でジョン・ライドンの考え方が好きなんだ。彼は『ロックの殿堂入りはどんな意味がありますか?』と訊かれて、次のように答えているんだ。『何を間違えたんだろう?と思うね』ってね」とマーク・マザーズボウは『NME』に語っている。「でも、まあ現実としてロックの殿堂はロックンロールの分かりやすい特徴よりも幅広いものだからね。ロックンロールを変えたという概念やコンセプトも含まれているんだ」

彼は次のように続けている。「不謹慎かもしれないけど、ディーヴォというのはアルバムのセールスよりも大きな存在で、ロックンロールの審美眼や歩みに影響を与えたと思う。それが認められたら素敵なことだよ」

不条理なユーモアとシュールレアリスム的な劇場性で知られていることもあって、マーク・マザーズボウはロックの殿堂入りを果たしても変わった形で祝うことになるだろうと語っている。

「ロックの殿堂はクリーブランドにあるけど、オハイオ州というのは埋葬に関する規則がゆるいんだよね」とマーク・マザーズボウは『NME』に語っている。「望めば、祖父を自宅の前庭や裏庭に埋葬することもできるんだ。だから、殿堂入りしたら、駐車スペースの一つでもいいから、ロックの殿堂の隣の土地を買って、ディーヴォの全員を埋葬してもらおうかな」

エミネム、ケイト・ブッシュ、ベック、ユーリズミックス、デュラン・デュラン、ライオネル・リッチー、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンらが2022年の候補となっているが、ドリー・パートンは辞退を申し出ていた。ドリー・パートンは「非常に光栄」だが、選出の「権利を獲得」してはいないと説明している。

ドリー・パートンの申し出についてマーク・マザーズボウは次のように述べている。「彼女はラッパーとな同じくらい候補になる権利があると思うけどね。あそこにいる権利があるよ。分かっているかどうか分からないけど、彼女の音楽にはロックの要素があるんだ。僕はドリー・パートンに投票したよ」

1970年代初頭にオハイオ州アクロンでマーク・マザーズボウとケント州立大学で一緒だったジェラルド・キャセールはディーヴォを結成している。ディーヴォの名前は安易な消費主義や自己破壊に向かって退行しているという「脱進化」という言葉からとられており、それは今日にも当てはまると彼は語っている。

「ジェラルド・キャセールと僕は世間で起きていることに話し合っている中で、これは進化じゃなく、脱進化だと判斷したんだ。1969年にスタンフォード大学教授のポール・ラルフ・エーリックと妻のアン・エーリックが書いた『ポピュレーション・ボム』という本を読んだけど、あれがまさに2022年に起こっていることだよ」

「彼はこんなことを言っているんだ。『計算してみれば、地球上には非常に多くの人間がいて、人間には自制心がなく、自分がどんな存在で、どのように地球に適合するかという妥当なヴィジョンもないので、我々は不自然な種であり、2050年までにウイルスが人間を一掃して、地球を救うだろう』ってね」

「唯一、起こり得るさらに悪いことは核戦争を起こして、人間の代わりに様々な種を絶滅させてしまうことだとね」

一方、ディーヴォは新曲やNFTについても話を進めているという。「常に新曲を書いているし、NFTを使った実験についても話をしているんだ。興味があってね。音楽についてのアーティストとしてのステートメントを小説の形式で書くというのに興味があるんだ」

ディーヴォはモデスト・マウスやディセンデンツと共に5月12日から15日にわたってラスベガスで開催されるトニー・ホークのイベントに出演することも決定している。マーク・マザーズボウとトニー・ホークはニック・ホーンビーの小説『スラム』をミュージカル化するのに協力することが発表されていた。そのコラボレーションはさらに拡大しているという。

「ミュージカル以上のものになりそうなんだ」とマーク・マザーズボウは語っている。「今は話せないんだけど、一緒に変わったことをやる機会になると思うよ。スケートボーダーとディーヴォには親和性があるんだ。公演でスケーターを撮影した“Freedom of Choice”のミュージック・ビデオを作ったけど、彼らはディーヴォのファンで、それは有名な話になっている。トニー・ホークもあのビデオが好きでね。子どもの頃、何度も観ていたらしいんだよ」

彼は次のように続けている。「トニー・ホークはメールをくれて、今取り組んでいることを思い出させてくれたんだ。彼は骨折していたのにアカデミー賞授賞式に出てたけど、『アカデミー賞では誰のことも蹴らなかったみたいだね』と言ったら、彼は『誰も俺の妻の名前を出さなかったからね』と返事をくれたよ」

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ