Zoe McConnell

Photo: Zoe McConnell

ブリング・ミー・ザ・ホライズンは2013年に発表した『センピターナル』がスポティファイで10億回の再生回数を突破したことが明らかになっている。

シェフィールド出身のブリング・ミー・ザ・ホライズンにとって2010年発表の『ゼア・イズ・ア・ヘル. ゼア・イズ・ア・ヘヴン』に続く『センピターナル』はキーボーディストのジョーダン・フィッシュが初参加したアルバムで、彼らならではのオルタナティヴ・メタルにエレクトロニックが加わった作品となっている。

ブリング・ミー・ザ・ホライズンは『センピターナル』のミュージック・ビデオを編集した動画を投稿して「『センピターナル』が9年だ。ありがとう」とツイートしている。

ブリング・ミー・ザ・ホライズンは今年のNMEアウォーズでUKにおける最優秀バンド賞を受賞している。

ブリング・ミー・ザ・ホライズンは2022年のNMEアウォーズ授賞式でのパフォーマンスをウクライナの人々に捧げている。「影響力のある人々がたくさんいるこの場所にこられてよかったよ。危機が終わるまで毎日毎日、自分たちの声を使っていかなきゃいけないんだ」とオリヴァー・サイクスは語っている。「キエフが生き残らなければ、国際社会の平和も生き残らないだろう」

ブリング・ミー・ザ・ホライズンはマスクド・ウルフとのコラボレーションとなるシングル“Fallout”も公開されている。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ