YouTube

Photo: YouTube

デイヴは2022年の1曲目となる新曲“Starlight”がミュージック・ビデオと共に公開されている。

セルフ・プロデュースとなる“Starlight”は2021年に発表されたセカンド・アルバム『ウィーアー・オール・アローン・イン・ディス・トゥギャザー』以来の新曲となっており、ペギー・リーやフランク・シナトラで知られる1954年発表の“Fly Me To The Moon”をハミングしながら、自分の人生を祝福する内容となっている。

“Starlight”はデイヴとネイサン・テッティが監督したミュージック・ビデオと共に公開されており、自宅のリヴィング・ルームで楽曲を披露する映像が撮影されている。ミュージック・ビデオが進むにつれてスタジオやキャットウォークのシーンも挿入され、キャットウォークにはモデルも登場する。

“Starlight”のミュージック・ビデオはこちらから。

デイヴは2月28日にロンドンのO2アリーナ公演で31歳で先月亡くなった友人のジャマル・エドワーズに追悼の意を表している。

ジャマル・エドワーズは新人を発掘するオンライン・プラットフォームのSBTVの設立者として知られ、デイヴはライヴで次のように述べている。「今日、みんなの前に立てているのはジャマル・エドワーズのおかげなんだ。僕のような人間はみんな様々な感情を抱えていて、様々な形で彼と繋がっていたんだ」

「彼と経験したことはそれぞれあるんだろうけど、そこには共通しているものがある。自分が触れた人間を助けて輝かせたいという気持ちを持っていた人なんだ」

デイヴは3月2日に開催されたNMEアウォーズ授賞式で最優秀ヒップホップ/ラップ/グライム賞を受賞しており、“In the Fire”のパフォーマンスも披露している。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ