GETTY

Photo: GETTY

ニール・ヤングは新型コロナウイルスのワクチンに関する「誤情報を拡散している」としてスポティファイからすぐにでも音源を削除したいと語っている。

米『ローリング・ストーン』誌によれば、ニール・ヤングは公開書簡の中でルックアウト・マネージメントとワーナー・ブラザースの担当者に対して「すぐに行動に移して」、「スケジュールを教えてほしい」と述べているという。

ニール・ヤングは特に、スポティファイと1億ドルの独占契約を結んでいる新型コロナウイルスのワクチンの懐疑論者として知られるジョー・ローガンがポッドキャストを通して誤った情報を拡散していることを問題としている。

「すぐにスポティファイに対してできるだけ早く音楽を聴けないようにしたいと思っていることを伝えてほしい」とニール・ヤングは公開書簡で述べている。「スポティファイがワクチンに関する誤った情報を拡散しているから、そうすることにしたんだ。その間違った情報を信じて死ぬ可能性もあるわけだからね」

「ジョー・ローガンか、ニール・ヤングかということなんだ。共存はないんだ」

記事執筆時点でニール・ヤングの作品はスポティファイで聴ける状態になっており、スポティファイはコメントを発表していない。公開書簡はその後、サイトから削除されている。

先月、ニール・ヤングはパンデミックに「打ち勝つ」まではライヴに復帰することはないとして、「マスクをしていない多くの人に対して演奏する」ことはないだろうと語っている。

ニール・ヤングは新型コロナウイルスのワクチンに対する懐疑論について「現実的でない」として、信頼できる科学を無視していると語っている。「科学のルールに従って、全員がワクチンを接種すれば、もっといい機会を迎えられるはずだよ」

昨年12月、ニール・ヤングは通算41作目となるスタジオ・アルバム『バーン』をリリースしている。その後、ニール・ヤングはアーカイヴ音源から8曲収録の『サマー・ソングス』が公開されている。本作はカリフォルニア州レッドウッド・シティにあるブロークン・アロー・ランチで1987年にレコーディングされており、『ニール・ヤング・アーカイヴスIII』からの第1章となっている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ