GETTY

Photo: GETTY

ブリンク182のトラヴィス・バーカーはアデルの“Easy On Me”をロック風のドラムでカヴァーした映像を公開している。

トラヴィス・バーカーはアデルにとって6年ぶりの新曲となったピアノ・バラッド“Easy On Me”を大変身させている。

インスタグラムに投稿した動画でトラヴィス・バーカーはこの曲にドラムで複雑なフィルとロックなエッジを加えており、押し寄せるギターを聴くこともできる。

映像の最後でトラヴィス・バーカーは白のドラムスティックの1本を落としている。

先日、カニエ・ウェストもサンデー・サーヴィスのパフォーマンスで“Easy On Me”をカヴァーしている。11月28日にロサンゼルスで行ったサンデー・サーヴィスのパフォーマンスで“Easy On Me”をカヴァーしており、亡くなったファッション・デザイナーのヴァージル・アブローに捧げている。

“Easy On Me”は昨年10月にリリースされて、初週で217300枚の合算セールスを記録している。これは2017年1月にエド・シーランの“Shape Of You”が記録した226800枚以来の高セールスとなっている。

トラヴィス・バーカーはアヴリル・ラヴィーンと披露した“Bite Me”のパフォーマンス映像が公開されている。

アヴリル・ラヴィーンとトラヴィス・バーカーは『ディック・クラークズ・ニュー・イヤーズ・ロッキン・イヴ』に出演して、同曲を披露している。

パフォーマンス映像はこちらから。

Copyright © 2023 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ