Twentieth Century Fox

Photo: Twentieth Century Fox

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の脚本を手掛けたアンソニー・マクカーテンはプロデューサーのグレアム・キングとその制作会社のGKフィルムズを相手取って訴訟を起こしている。

『デッドライン』によれば、アンソニー・マクカーテンはラミ・マレックが主演を努めた2018年公開の『ボヘミアン・ラプソディ』の金銭を巡って契約違反で訴訟を起こしている。

ブライアン・シンガーが監督を務めた映画『ボヘミアン・ラプソディ』は5500万ドル(約62億円)の予算で、全世界で9億1100万ドル(約1000億円)の興行収入を上げている。しかし、20世紀フォックスによれば、映画は「5100万ドル(約58億円)」の赤字だとしている。

アンソニー・マクカーテンは親会社のディズニーや20世紀フォックスとは関係なく、『ボヘミアン・ラプソディ』のGKフィルムズの純利益の5%をもらう契約を結んでいたと主張している。アンソニー・マクカーテンはその契約からの支払いを受けておらず、グレアム・キングと示談しようとしても「反応がなかった」と述べている。

50ページの訴状がロサンゼルス最高裁には提出されており、アンソニー・マクカーテンと弁護士は裁判で証明するための金銭的損害、映画の完全な会計処理、脚本家契約上の権利と義務に対する司法的判決を求めている。アンソニー・マクカーテンはGKフィルムズに脚本家契約の約束を守るよう主張している。

訴訟は「純利益」の100%のうち5%を支払うとした2015年にアンソニー・マクカーテンが製作会社のWAGWと結んだ3つの契約のうちの1つを参照している。

しかし、20世紀フォックス側はアンソニー・マクカーテンが受け取るのはGKフィルムズの標準的な「純利益」ではなく、誠実な交渉によって修正された「独自の定義による純利益」からの金額しか受け取ることができないと反論している。

GKフィルムズは『デッドライン』に対して映画20世紀フォックスとディズニーは訴訟の当事者であり、各社とやりとりをするつもりだと述べている。

クイーンのギタリストであるブライアン・メイはよほど強力なアイディアが出てこない限り、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の続編は実現しないだろうと語っている。「話はしてきたんだけどね。でも、その時はそれをやる道筋が見えなかったんだ。アイディアが飛び出してきて、それに圧倒されない限りはやることはないだろうね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ