David James Swanson

Photo: David James Swanson

ジャック・ホワイトは4年ぶりとなる新曲“Taking Me Back”が公開されている。

この曲はジャック・ホワイトによってナッシュヴィルのサード・マン・スタジオで制作されたもので、ジャック・ホワイトがすべてのヴォーカルと楽器を担当している。また同曲のアコースティック・バージョンとも言える“Taking Me Back (Gently)”も公開されている。

楽曲の音源はこちらから。

“Taking Me Back”は11月5日に発売される『コール オブ デューティ:ヴァンガード』のゲーム・トレイラーにも使用されている。スレッジハンマー・ゲームズが開発した『コール オブ デューティ:ヴァンガード』は第二次世界大戦をテーマにしたゲームで、プレイヤーはあらゆる戦場で活躍することになる。本作は全世界で4億本以上のセールスを記録した大ヒットゲーム『コール オブ デューティ』シリーズの最新作となる。

ジャック・ホワイトはサード・マン・レコーズのロンドン店のオープンを記念して同店近くの屋上でサプライズのルーフトップ・コンサートを行っている。

ロンドン店はサード・マン・レコーズにとって3店目の実店舗で、ナッシュヴィル店とデトロイト店に加えてアメリカ以外の店舗としては初めてとなる。

ロンドンのソーホーのマーシャル・ストリート1番地にあるロンドン店は9月25日にオープンしている。

ロンドン店は2階建ての店舗とライヴ会場のブルー・ベースメント、サード・マン・レコーズのヨーロッパ支部という3本柱で構成される。

先日、ジャック・ホワイトはアート&デザインに関する活動をまとめたウェブサイトも立ち上げている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ