Travis Shinn

Photo: Travis Shinn

システム・オブ・ア・ダウンのサージ・タンキアンは音楽とポエトリー・リーディングを組み合わせた作品『クール・ガーデンズ・ポエトリー・スイート』をリリースしている。

先月、本作からは約24分に及ぶ作品“Disarming Time”が先行で公開されていた。4つのトラックを収録した本作の詩は詩集『クール・ガーデンズ』から取られている。

「『クール・ガーデンズ・ポエトリー・スイート』は言葉がページを飛び出して、音楽的ランドスケープに彩られながらリスナーの耳へとダンスしながら入っていくという形で本に息吹を吹き込んだものなんだ」

『クール・ガーデンズ・ポエトリー・スイート』のストリーミングはこちらから。

サージ・タンキアンは今年3月に5曲入りのソロEP『イラスティシティ』をリリースしている。

「間違いなくこれらの曲の中にはシステム・オブ・ア・ダウンでうまくいくと思ってた曲があるよ。システム・オブ・ア・ダウンの連中も気に入ってくれて、過去には取り組んだ曲もあるんだ」とサージ・タンキアンはインタヴューでEPについて説明している。「数年前だったね。論理的にも哲学的にも進む方向で一致しなかったんだ。クリエイティヴ面の多くでね」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ