GETTY

Photo: GETTY

ニッキー・ミナージュはドレイクとリル・ウェインとのコラボレーションとなる新曲“Seeing Green”が公開されている。

ニッキー・ミナージュは2009年発表のミックステープ『ビーム・ミー・アップ・スコッティ』を初めてストリーミング・サービスで公開しており、いくつかの新しいトラックが公開されている。

リル・ウェインとのコラボレーションとなる新曲“Seeing Green”に加え、新曲“Fractions”、スキリベンによる“Crocodile Tears”のリミックスも新たに公開されている。

それぞれの音源はこちらから。

昨年9月、ニッキー・ミナージュは夫のケネス・ペティーとの第一子を出産している。

ニッキー・ミナージュは2020年を通してコラボレーションによるシングルがリリースされている。

メーガン・トレイナーと“Nice To Meet Ya”でコラボレーションしたほか、ドージャ・キャットの“Say So”のリミックスに参加し、シックスナインとは“Trollz”をリリースしている。エイサップ・ファーグとの“Move Ya Hips”、タイ・ダラー・サインとの“Expensive”、メジャー・レイザーとのコラボレーションとなる“Oh My Gawd”もリリースされている。

また、ニッキー・ミナージュは単独名義のシングル“Yikes”も2月にリリースしている。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ