GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーは持ち去った毛布の埋め合わせをする手書きの手紙がオークションに出品される。

手紙は1989年9月にアイリーン・ブライアリーへの返事として書かれたもので、彼女が北ウェールズのハーレフに所有している家屋をポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンは1958年と1959年の2度、ヒッチハイクで訪れている。

ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンは1958年の最初の滞在中にアイリーンの息子であるジョンと友人になったとのことで、滞在中の様子についてジョン・ブライアリーは2人とポーカーをやって、エルヴィス・プレスリーを聴いていたと振り返っている。

ジョン・ブライアリーはポール・マッカートニーが家にあったピアノでバディ・ホーリーの“Think It Over”の弾き方を学ぼうとしていたとも語っている。また、ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンの2人は地元のパブであるクイーンズ・ホテルに来て、ジョン・ブライアリーがメンバーだったスキッフル・バンドのザ・ヴァイキングも観に来たという。

1959年、ポール・マッカートニーとジョージ・ハリスンはブライアリー家を再び訪れて、さらに家族との時間を過ごしている。2度目の滞在の最後、2人はブライアリー家の毛布を拝借してしまったという。

数年後、アイリーン・ブライアリーはポール・マッカートニーに毛布の「借り」があることを思い出させる手紙を送り、ポール・マッカートニーによる手書きの返事を受け取ったのは1989年9月となっている。

「親愛なるブライアリー夫人へ」とポール・マッカートニーは手紙を始めている。「ようやく手紙が私に届きました。私の“借り”について知って、申し訳なく思っています」

「ハーレフで過ごした時間のことはよく覚えています。同封の小切手で差額を補ってもらえればと思います。ひどい字をお許しください。この手紙は揺れる特急電車で書いているのです」

「あなたの夫についても知って非常に残念に思っています。彼はとても素敵な人でした。息子さんにもよろしくお伝え下さい。さようなら。ポール・マッカートニー」

この手紙のオークションは3000ポンド(約45万円)からスタートする。詳細はこちらから。

https://www.tracks.co.uk/product/b34752-paul-mccartney-handwritten-letter-re-missing-blanket-1989-uk/

先日、ポール・マッカートニーは『マッカートニーIII IMAGINED』からベックによる“Find My Way”の音源が公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ