ジャスティン・ビーバー

GETTY

Photo: GETTY


MTVビデオ・ミュージック・アウォードにて(2015年)
数年間、破天荒な行動(レストランのバケツに排尿するなど)が目立ったジャスティン・ビーバーだが、キャリア再開を試み、VMAのステージ上で大人気の名曲“What Do You Mean?”を情熱的に歌い上げた。ワイヤーで宙づりになって観客席の上を飛び回った後、着地すると顔が涙に濡れていた。


ジョン・メイヤー

PRESS

Photo: PRESS


ナッシュヴィルのソメット・センターにて (2010年)
ジョン・メイヤーは2010年に米『プレイボーイ』誌で、いわゆる人種差別的なコメントをした。その後、ナッシュヴィルのステージで泣きながら謝罪している。「気の利いたことを言おうとして、愛する人々と、自分を愛してくれる人々のことを完全に忘れ去ってしまっていた」


ジェニファー・ロペス

PRESS

Photo: PRESS


モヒガン・サン・アリーナにて(2011年)
ジェニファー・ロペスは1999年の歌、“If You Had My Love”を熱唱した際、涙を抑えきれずに一時ステージを立ち去ってしまった。この事件はコネチカットのステージ上で起こった。彼女はその時、夫のマーク・アンソニーと別れたばかりで、当初はペリー・エドワーズやマイリー・サイラスのような状況だと報道された。しかし後日、子供のことを考えて胸が詰まったのだと弁解している。


DMX

PRESS

Photo: PRESS


「カップルズ・セラピー」にて(2010年)
「カップルズ・セラピー」はリアリティ・ショウで、セレブリティを泣かせるように作られている。関係を回復するためにカウンセリングを受けたラッパーのDMXと仲違いしていた妻タシェラ・シモンズも、まんまと泣かされてしまった。DMXは自身の母のことを語りながら、泣き出した。「母は一度たりとも、俺のことを愛してるって言ってくれなかった」


コートニー・ラヴ

PRESS

Photo: PRESS


「バーバラ・ウォーターズ・スペシャル」にて(1995年)
アメリカのジャーナリスト、バーバラ・ウォルターズはその長年のキャリアで、インタヴュー相手を泣かせることで有名だという。コートニー・ラヴとの対面で、バーバラ・ウォーターズは、なぜ夫であるカート・コバーンの自殺をステージで再演したのかと尋ねた。コートニー・ラヴは泣きながら答えた。「精神の浄化のためよ……私は道化師じゃないわ。夫を侮辱する様なことは絶対にしないし、これまでにそうしたとも思っていないわ」


シェリル・コール

PRESS

Photo: PRESS


「ピアーズ・モーガンズ・ライフ・ストーリーズ」にて(2010年)
シェリル・コールは女好きのサッカー選手である夫のアシュリー・コールと離婚したばかりだった。ピアーズ・モーガンは鋭い勘を持っていて、そのために多くのファンから慕われているが、その勘を生かして「君みたいな子が恋に落ちて、結婚する相手がただのバカだとは思えないんだけど。僕は間違っているかな?」と言うと、間違っていなかったようで、シェリル・コールは涙を流した。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ