31. レコーディングの日給

GETTY

Photo: GETTY


デビュー・アルバムのレコーディングを始めた時、メンバーはそれぞれ日給で10ポンド(約1,600円)をもらっていたという。

32. ミュージック・ビデオの意外な出演者

PA

Photo: PA


アメリカ・ヴァージョンの“Fools Gold”のミュージック・ビデオではベックが金の探鉱者として出演している。

33. デビュー作の楽曲制作

PENNIE SMITH/PRESS

Photo: PENNIE SMITH/PRESS


ザ・ストーン・ローゼズはデビュー・アルバムの曲を、想像を絶する速さで書き上げた。というのも、レーベルであるシルヴァートーンに対して30~40曲用意していると言ってのけたからだ。だが、それは大ボラだった。

34. デビュー作の楽曲制作

Andy Willsher/NME

Photo: Andy Willsher/NME


イアン・ブラウンはかつて『ガーディアン』紙に、ザ・ストーン・ローゼズの本来のミッションはU2のようなデカいバンドを排除することだ、と語っていた。まあご愛嬌だ。

35. バンド名の由来

PA

Photo: PA


噂に反して、ザ・ストーン・ローゼズという名前の由来は本でも、ザ・ローリング・ストーンズに敬意を表しているからでもない。固い物と柔らかい物をうまく組み合わせた、というのが現在世に出回っている話だ。

36. ジョン・スクワイアの後釜

PA

Photo: PA


15年後に訪れる再結成前、ジョン・スクワイアの代わりに加入したバンド最後の情熱的なギタリスト、アジズ・イブラヒムはマンチェスターの伝説と呼ばれたシンプリー・レッドというバンドにかつて所属していた。

37. レニの後釜

PA

Photo: PA


だが、それは大したことではない。1995年にレニに代わって加入したロビー・マディックスは、1980年代にポップ・ソウル系のテレンス・トレント・ダービーやラップ・ハウス系のレベルMCのドラムを担当していた。

38. オリジナル・メンバーの意外なその後

PA

Photo: PA


ドラムだけではない。バンドのオリジナル・メンバーだったサイモン・ウォルステンクロフトは、その後マンチェスターのもう1つのアイコン的バンド、ザ・フォールに加入した。

39. サポート・アクトを断った理由

PA

Photo: PA


バンドはニュー・オーダーやピクシーズのサポート・アクトを務めることを断っている。その理由が「ザ・ストーン・ローゼズは今まで誰のサポート・アクトもやったことがないし、今更やる理由も見当たらない」

40. 再結成前、最後に書かれた曲

PA

Photo: PA


ザ・ストーン・ローゼズが再結成前に最後に書いた曲“Ice Cold Cube”はジョン・スクワイアについての曲だと噂されている。結局、イアン・ブラウンの1998年のソロ・デビュー・アルバム『アンフィニッシュト・モンキー・ビジネス』に収録された。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ