HURTS 来日公演決定
HURTS 来日公演決定

タグ: Slaves


2017.7.14 金曜日

モントルー・ジャズ・フェスティバル、7/15午前2時よりライヴ映像が配信に

6月30日から7月15日にわたって開催されているモントルー・ジャズ・フェスティバルのライヴ映像が今週末レッドブルTVで配信されることが決定している。...続きを読む

2016.9.8 木曜日

スレイヴス、9/30リリースの新作より“Take Control”のミュージック・ビデオを…

スレイヴスは9月30日にリリースされるニュー・アルバム『テイク・コントロール』よりタイトル曲のミュージック・ビデオを公開している。...続きを読む

2016.8.12 金曜日

サマーソニック出演のスレイヴス、セカンドから最初の楽曲となる新曲の音源を公開

スレイヴスが来たるセカンド・アルバムに収録されると見られている最新楽曲“Spit It Out”を公開している。...続きを読む

2016.2.24 水曜日

NMEアウォーズ2016、ステージ以外の場所で起こっていた舞台裏エピソード12選

現地時間2月17日に英国で開催され、ストリーミング中継もされた「NMEアウォーズ・ウィズ・オースティン・テキサス」では、ステージ以外でもいろいろなハプニングが目白押しだった。コールドプレイの楽屋から漂っていたある匂いや、下半身を丸出しにしていたある人物とは? ぜひ、ここで確認していってほしい。...続きを読む

2015.12.4 金曜日

レディング&リーズ・フェスティバル、レッチリなど第1弾出演者を発表

2016年8月26日から28日にわたってリッチフィールド・アヴェニューとブラムハム・パークで同時開催されるレディング&リーズ・フェスティバルの2016年第1弾出演者が発表された。...続きを読む

2015.10.19 月曜日

ジェイミー・XX、NMEの読者投票でマーキュリー・プライズの最右翼に

ジェイミー・エックス・エックスは、『NME』の読者投票によって今年のマーキュリー・プライズの最右翼に選ばれている。 ...続きを読む

2015.10.16 金曜日

マーキュリー・プライズ、2015年の候補作12作品が明らかに

UKもしくはアイルランドでリリースされたアルバムの中から、最も優れたアルバムを英国レコード産業協会と英国レコード販売店協会が選出するマーキュリー・プライズの2015年の候補作が発表されている。...続きを読む

2015.9.9 水曜日

スレイヴス、ケミカル・ブラザーズの“Go”のカヴァーを披露

スレイヴスはBBC Radio 1の番組「ライヴ・ラウンジ」でザ・ケミカル・ブラザーズの“Go”のカヴァーを披露している。 ...続きを読む

2015.9.8 火曜日

スレイヴス、架空のライヴをブッキングされる被害に遭っていたことが明らかに

今年のサマーソニックにも出演を果たしたスレイヴスが、アーティストのバンクシーがプロデュースしているビミューズメント(混乱)・パーク、『ディズマランド』で、ありもしないライヴ日程をブッキングされるという‘詐欺’に遭っていたことを明かしている。...続きを読む

2015.8.26 水曜日

ミューズ、リバティーンズ、フローレンス出演の30日連続イベントがロンドンで開催

ザ・リバティーンズ、ミューズ、フォールズなどのアーティストが、BBCラジオ1の「ライヴ・ラウンジ・マンス」の9月のラインナップとして、ライヴを披露する予定となっている。...続きを読む

2015.8.19 水曜日

サマーソニック 2015 8月15日 東京会場1日目フォトギャラリー

時折、小雨がちらつくこともあったものの、基本的には晴天に恵まれた今年のサマーソニック、オープニング・アクトの後にソニック・ステージのトップバッターを務めたのはウルフ・アリス。本国ではデビュー作がUKチャート初登場2位という大型新人で、そのステージも新人らしからぬ盤石のもの。最後は必殺の“Moanin...続きを読む

2015.7.8 水曜日

『NME』読者が選ぶグラストンベリー・フェスティバル2015のトップ20アクト

今年も様々なドラマを生んだグラストンベリー・フェスティバルが終わったが、どのアーティストが一番観客の心をつかみ、会場のボルテージをマックスに上げ、最も記憶に残るパフォーマンスを行ったのだろうか? 『NME』読者が選ぶグラストンベリー・フェスティバル2015のトップ20アクト、投票結果を発表する。...続きを読む

2015.6.1 月曜日

スレイヴス『Are You Satisfied?』

スレイヴスの少年院上がりのようなビートと本能的なスタイルを見ると、彼らに怒れる若者という印象を受けるかもしれない。でも、そうではないのだ。むしろ、彼らはただ失望しているのである。自己満足型の気難しいロンドンの人々に失望し、制度の枠組にはまってそれに立ち向かおうともしない20代の若者に失望し、ポップ・...続きを読む