GETTY

Photo: GETTY

ブルース・スプリングスティーンは先日の飲酒運転の罪について検察に免訴されたと報じられている。

ブルース・スプリングスティーンは昨年11月にニュージャージー州のゲートウェイ国立保養地で逮捕されている。連邦裁判所に提出された書類によれば、ブルース・スプリングスティーンは警官に20分以内に2杯ショットを飲んだと語ったものの、呼気飲酒検査は拒否したという。

ブルース・スプリングスティーンは「アルコールの強い匂いがした」とのことで、警察に止められ、「生気のない目」をしていたと報告されている。警官は「完全に空になった」テキーラのパトロンの瓶も発見している。

『ニューヨーク・タイムズ』によれば、現地時間2月24日にブルース・スプリングスティーンは閉鎖区域でアルコールを消費した件など3件の罪で有罪判決を受けている。彼は540ドル(約58000円)の罰金が課せられている。

「スプリングスティーン氏、罰金を払うのにどれだけかかるかを訊かなければなりません」と判事のアンソニー・モートンは尋ねている。ブルース・スプリングスティーンは次のように応じている。「直ちに払えると思います、裁判官」

ブルース・スプリングスティーンは自身の弁護士であるミッチェル・アンセルに運転前に「テキーラのショット2杯」を飲んだと語っている。検察はアルコールの血中濃度が0.02%だったことを明かしている(ニュージャージー州の上限は0.08%となっている)。

そのため、飲酒運転や無謀運転の罪は免訴されている。ミッチェル・アンセルはブルース・スプリングスティーンが「本日の出廷の結果に喜んでいた」と述べている。

ブルース・スプリングスティーンは逮捕が報じられたことを受けてスーパーボウルで放送されたジープのコマーシャルが取り下げられていた。

「読んでしかいない件についての詳細にコメントすることは不適切になっています。私たちには立証することができません」とジープの広報担当者は米『ローリング・ストーン』誌に語っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ