GETTY

Photo: GETTY

エド・シーランは30歳の誕生日に際してソーシャル・メディアでニュー・アルバムのリリースを示唆している。

エド・シーランは2019年のクリスマスに音楽やソーシャル・メディアでの活動を休止することを発表していたが、昨年のクリスマスに18ヶ月ぶりとなる新曲“Afterglow”をリリースしている。

昨日2月17日にエド・シーランは30歳を迎えて、ファンへの感謝のメッセージをインスタグラムに投稿している。

ケーキと3歳の時の写真を投稿してエド・シーランは次のように述べている。「今日30歳になったよ。素晴らしいメッセージをくれたみんなに感謝するよ。すごく愛されていると思ったよ。今は3歳の誕生日と同じ格好をして、海賊の芋虫である哀れな男のコリンを食べようとしているところなんだ」

彼は次のように続けている。「今年、4作目となるアルバムと共にオンラインに戻ってくるよ。その時まで」

先日、エド・シーランは音楽活動を休止していたにもかかわらず約92億円の利益を上げたことが明らかになっている。

2019年4月から2020年3月までの1年間でエド・シーランのツアー会社であるネイサン・ケーブル・ツアリングは9470万ドル(約98億円)の売上高を上げ、5000万ドル(約52億円)の利益を上げている。

同時期にエド・シーランの音源や出版からの収入を管理しているエド・シーラン・リミテッドは3920万ドル(約40億円)の利益を上げている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ