GETTY

Photo: GETTY

マリリン・マンソンはエヴァン・レイチェル・ウッドや他の女性からの懐柔、虐待、洗脳の申し立てを受けてレーベルとの契約を切られている。

エヴァン・レイチェル・ウッドは現地時間2月1日にインスタグラムのストーリーで数年にわたって「恐ろしい虐待」を受けてきたと述べている。マリリン・マンソンとエヴァン・レイチェル・ウッドは2007年に交際を始めて、2010年1月に婚約しているが、2010年8月に婚約を破棄している。

彼女は次のように述べている。「私は服従するように洗脳されていました。私は報復、誹謗中傷、恐喝の恐れの中で暮らしていました。今回、その危険性とそれを可能にしてきた様々な業界について暴露します。彼がさらに誰かの人生を台無しにしてしまう前にね。私はもう黙っていられない多くの犠牲者と共にあります」

少なくとも他に4人の女性がソーシャル・メディアでマリリン・マンソンについての訴えを投稿している。

マリリン・マンソンが在籍していたレーベルのロマ・ヴィスタは金輪際、彼と仕事をすることはないと公式の声明を発表している。

「マリリン・マンソンを虐待者だとするエヴァン・レイチェル・ウッドやその他の女性による本日の憂慮すべき申し出を受けて、ロマ・ヴィスタは直ちに最新作のプロモーションを停止します」と声明には記されている。

「懸念すべき展開を受けて、今後のプロジェクトについてもマリリン・マンソンと仕事をしないことを決定致しました」

エヴァン・レイチェル・ウッドはこれまでも10代後半で会った男性から複数年にわたって虐待の関係にあったことを証言してきた。男性を特定することはなかったものの、2018年2月にも下院司法委員会で虐待の関係に関する証言を行っている。

マリリン・マンソンと彼のチームは彼に関する虐待の申し出について強く否定してきた。昨年、マリリン・マンソンのチームは彼に代わってエヴァン・レイチェル・ウッドとの過去の交際に関する疑問に答えた声明を発表していた。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ