GETTY

Photo: GETTY

ドナルド・トランプ大統領は現地時間1月13日に下院で弾劾訴追する決議案が可決されている時にトビー・キースやリッキー・スキャッグスらの国民芸術勲章を授与していたと報じられている。

先週のアメリカ連邦議会に乱入した暴動事件を受けて、アメリカ下院議会にはドナルド・トランプ大統領が反乱を扇動したとして弾劾訴追決議案が提出されており、ドナルド・トランプ大統領は史上初めて2度にわたり弾劾訴追されたアメリカ大統領となっている。しかし、弾劾裁判は1月20日にアメリカ大統領を退任した後に開始される予定となっている。

ブルームバーグとNBCは共に下院で弾劾訴追する決議案が可決されている時にドナルド・トランプ大統領がトビー・キースやリッキー・スキャッグスら国民芸術勲章を授与するプライベートな式典をホワイト・ハウスで行っていたと報じている。

国民芸術勲章は芸術家やその後援者に対して授与される最高の栄誉で、「アメリカ合衆国のアートの発展、支援、提供、卓越性に傑出した貢献を行ったことを理由に特別な表彰に値する」人物やグループに贈られる。

ドナルド・トランプ大統領は2019年にアリソン・クラウスやジョン・ヴォイトらに国民芸術勲章を授与している。

ジョー・バイデンの大統領就任にあたってトム・ハンクスが司会を務める特番『セレブレイティング・アメリカ』が放送されることが決定しており、ジャスティン・ティンバーレイクやデミ・ロヴァートがパフォーマンスを行うことが決定している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ