GETTY

Photo: GETTY

デヴィッド・ボウイの息子のダンカン・ジョーンズは父親の死から5年が経ったことを振り返っている。

ダンカン・ジョーンズは亡くなった後もデヴィッド・ボウイがいまだに熱狂的に愛されていることが「異例」のことだと述べている。

「今日で父が亡くなってから5年になる。みんな、ちょっと悲しくて、それぞれ独自のやり方で対処しているんだと思う」と彼はツイートしている。

「でも、多くの人に今なお明らかに父が愛されていることは異例かつ嬉しいことだよ。そう、彼は惜しまれている。でも、彼が作った作品の中ではたくさんの彼がいて、彼は今なお間違いなくここにいるんだ」

デヴィッド・ボウイは69歳の誕生日の2日後となる2016年1月10日に肝臓ガンで亡くなっている。

没後5年を迎える中で多くの追悼の声がデヴィッド・ボウイには寄せられている。ウィ・アー・キングは約5年ぶりに活動を再開させ、追悼コンピレーションに“Space Oddity”のカヴァーを提供している。

1月9日には配信による追悼ライヴ「ア・ボウイ・セレブレーション:ジャスト・フォー・ワン・デイ」が行われ、ヤングブラッド、ビリー・コーガン、トレント・レズナー、アンナ・カルヴィ、デュラン・デュランらが出演している。

デヴィッド・ボウイはジョン・レノンの“Mother”とボブ・ディランの“Tryin’ To Get To Heaven”の未発表カヴァーが初めてリリースされている。

一方、デヴィッド・ボウイの音楽がTikTokで使えるようになったことがデヴィッド・ボウイの公式インスタグラムで発表されている。TikTokでは“Modern Love”、“Heroes”、“Starman”、“Rebel Rebel”、“Under Pressure”などが今回使用可能となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ