Alex Waespi

Photo: Alex Waespi

ロンドン・グラマーは来たるサード・アルバム『カリフォルニアン・ソイル』からの新たなシングル“Lose Your Head”が公開されている。

“Baby It’s You”と“Californian Soil”に続くサード・シングルとなる“Lose Your Head”もバレアリックなエネルギーと哀愁を帯びたサウンドを組み合わせた楽曲となっている。ジョージ・フィッツジェラルドがプロデュースしている“Lose Your Head”はシンガーのハンナ・リードによる「女性性と力」についてのメッセージが添えられている。

「“Lose Your Head”は恋愛における力とコントロールについての曲なの」と彼女はこの曲について語っている。「歌詞はすごくダークだけど、アップビートな形でこの曲を提示したかったの」

“Lose Your Head”はシグリッドやゴーストポエットらのミュージック・ビデオを手掛けたチャン+ナイトが監督したミュージック・ビデオと共に公開されている。

サード・アルバム『カリフォルニアン・ソイル』は4月9日にリリースされる。10月にロンドン・グラマーはアルバムの詳細を発表しており、ハンナ・リードはアルバムが自分自身の人生を「獲得」することについての作品だと述べている。

「女性嫌悪は原始的なものです」とハンナ・リードは述べている。「だから、変えることが難しいのです。でも、それは恐ろしいもので、自身の中にある弱い部分や女性的な部分を否定するものです。まだ誰しもそういうところがあるのです」

彼女は次のように続けている。「このアルバムは自身の人生を獲得することについての作品です。みんな、成功は素晴らしいものと考えるでしょう。内面を見つめて、『なんで自分はそれをコントロールできていないのか? なぜそれをコントロールさせているのか? それは女性であることと結びついているのか? だとしたら、どうすれば違うようにできるのか?』と問うてみたのです」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ