GETTY

Photo: GETTY

マドンナはインスタグラムの新たなプライバシー・ポリシーについて警告し、「マーク・ザッカーバーグがあなたやあなたの家族を監視する」ことができるようになると主張している。

多くのインスタグラムのユーザーが新しいプライバシー・ポリシーには懸念を示しており、インスタグラムは性的なコンテンツを削除することが可能になり、性産業従事者への影響も指摘されている。

「インスタグラムの新たな監視方針はマーク・ザッカーバーグがあなたやあなたの家族を監視することができるようになるものよ。最も隠している秘密を盗み、テレビを含むすべてのデバイスで政府からの委託で順守しているかどうかを確認できるようになる。そして、データを政府や業界に売り渡し、罪を問うこともできるようになるの」とマドンナは述べ、次のように警告している。「これは恐ろしいことよ」

先週、インスタグラムで新たなプライバシー・ポリシーの発表に際して次のようにツイートしている。「今回の利用規約が性産業従事者を標的としたものだという混乱を目にしました。それは事実ではないとコミュニティを安心させたいと思います。12月20日になってもプライバシー・ポリシーに変更されることはありません」

「より理解しやすくするために利用規約を一部変更しました。例えば、広告をパーソナライズするためのデータの使い方をよりはっきりした言葉を使っています。その内容はここで確認することができ、インスタグラムの全員に適用されます」と述べており、リンクをシェアしている。

マドンナの懸念を受けてインスタグラムは『マーシャブル』に次のように語っている。「新しい利用規約は広告をパーソナライズするためのデータの使い方を説明するためのものです。広告主が受け取るデータ、ライセンス、IPの使用についてです」

「性的ないしはそれを示唆するコンテンツに対する文言の変更はありません」

先日、マドンナはアメリカで最も裕福な女性事業家のランキングにランクインしている。

マドンナは総資産5億5000万ドル(約580億円)で40位に入っており、テイラー・スウィフトは総資産3億6500万ドル(約380億円)で62位に入っている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ