GETTY

Photo: GETTY

ジェイムス・テイラーはジョン・レノンが殺害される前日にジョン・レノンの殺害犯から不穏なメッセージを受け取っていた時のことを語っている。

ジョン・レノンは40年前の12月8日に妻のオノ・ヨーコと暮らしていたニューヨークのダコタ・ハウスの入り口の前でマーク・チャップマンに殺害されている。

『テレグラフ』紙にジェイムス・テイラーは殺害が行われる前日にマーク・チャップマンに会った時のことを説明している。

当時25歳だったマーク・チャップマンは「汗で光って」いて「その目はあちこちを見ながら、狂ったように話していた」と言われている。

ジェイムス・テイラーはマーク・チャップマンとのいきさつについて次のように振り返っている。「ドラッグをやっているか、躁病の発作のような感じだった」

ジェイムス・テイラーはマーク・チャップマンが会話の中でジョン・レノンに言及したことを覚えており、何かを「彼に見せるつもり」なんだと語っていたという。

「彼はジョン・レノンに見せるものについて早口で喋っていたんだ」とジェイムス・テイラーは語っている。

「マーク・チャップマンとはこっちは知らないけど、向こうは自分のことを知っているという間柄だったからね。それは僕には関係のない話題だった。分かったのは彼から早く離れなきゃいけないということだけだったんだ」

ジェイムス・テイラーがマーク・チャップマンに出会ったのはジョン・レノンが殺害された場所から徒歩で約25分ほどのところだったという。

現在65歳のマーク・チャップマンは今年8月に11度目の仮釈放申請も却下されている。

マーク・チャップマンはニューヨーク州エリー郡のウェンデ刑務所で懲役20年から無期の判決を受けている。

マーク・チャップマンは次の聞き取りが行われる2022年8月まで少なくともあと2年は刑務所にいることになる。彼が初めて仮釈放申請の権利を得たのは2000年となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ