GETTY

Photo: GETTY

レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジはロックダウンの間、毎日ギターを弾いていたと語っている。

『トータル・ギター』のインタヴューでジミー・ペイジはロックダウンの時間をギターを弾くのに使ったと語っている。

「ロックダウンで隔離されている状況下で、ギターを手にとって毎日決まって弾いていたんだ」とジミー・ペイジは語っている。

「ロックダウンの前はいろいろ他にやっていることがあってギターを弾く十分な時間がないと不満を口にするような状態になっていたんだ」

彼は次のように続けている。「レッド・ツェッペリンにしても本当に多くのことがあって驚かされるよ。自分が求めているほどギターを弾く時間を見つけられなかったんだ」

「すぐそこにあるのに、ギターを弾けないっていうね。そうなってはいけないと思ったんだ。今は弾くつもりだよ。ギターをしまい込んでいるかのように思われたくないんだよ。実際、そうじゃないしね。でも、ギターを弾くのを邪魔するものがたくさんあるんだ。今なおギターを探求しているなら、弾かなければいけないのにね」

また公の場でギターを弾く姿を観ることができるかと訊かれると、ジミー・ペイジは次のように語っている。「ロックダウンの前にはそういうアイディアもあったんだ。ただ、演奏できるようになるには時間が必要だろうね。やるべきことは過去にできたことを今どうやるかを考え、とっておきのサプライズを用意することだね」

「だから考えてはいたんだけど、でも、まずは真剣な練習をやったほうがいいなと思ったんだ(笑)。O2からはだいぶ経っているからね。いつか集まって、すごいショウができることを願っているよ」

先日、ジミー・ペイジは2007年の一夜限りの再結成の後、ツアーを計画していたことを明かしている。

ジミー・ペイジ、ロバート・プラント、ジョン・ポール・ジョーンズによるレッド・ツェッペリンは亡きジョン・ボーナムの息子であるジェイソン・ボーナムと共にアトランティック・レコードの社長だったアーメット・アーティガンに追悼の意を表して2007年にロンドンのO2アリーナで一夜限りの再結成ライヴを行っている。

また、ジミー・ペイジは新刊『ジ・アンソロジー』のトレイラー映像が公開されている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ