GETTY

Photo: GETTY

ポール・マッカートニーはロックダウンの最中にアルバムを作ることについて語っている。

自宅でのレコーディングを「Rockdown」と評していたポール・マッカートニーだが、『サンデー・タイムズ』紙のインタヴューでポール・マッカートニーは12月18日にリリースされるアルバムを作ることで楽観的でいようとしたと語っている。

「そう、僕は楽観主義者なんだ」とポール・マッカートニーは語っている。「基本的に物事はいいと信じているんだ。そして、それを台無しにしてしまうわけだけどさ。実際、ロックダウンになって多くの人が『なんてことだ』と言っていたけど、僕は『そうか、でも希望の兆しはある』と言っていたんだ。これはよく使ってきたフレーズでさ。多くの人が大変なことになっているから言いたくないんだけどね。でも、突然これまでになく家族を見ることになったわけでさ。それでレコーディングできたんだ。あれは希望の光だったね」

彼は次のように続けている。「物事がまずくて、どんどん悪くなっていると考える罠にはまるのは簡単だけどさ。分からないし、本当なのかもしれないけど、でも気落ちしてしまうことは分かるわけだからね。だから、言い聞かせるようにしているんだ。『そんなに悪くないよ。昔のことを考えるんだ。前は良かった』ってね。いいことを見つけるようにしているんだ」

インタヴューでポール・マッカートニーはジョン・レノンについての考えについて語り、ザ・ビートルズが再結成することはあったかどうかについて語っている。

ポール・マッカートニーは次のように語っている。「決断したんだ。ザ・ビートルズはもう一度やるというのを諦めたんだよ。ザ・ビートルズについて考えるのを止めたんだ。時が一周して、それが満足している時のことを話しているんだろうけどさ。よくないかもしれないことをやってしまって台無しにしないようにしようというのがあるんだよ。触れないようにしておこうというのは意識的な決断なんだ。だから、再結成しなかったと思う。でも、誰に分かるんだろうっていうね。してたかもしれないね」

ジョン・レノンとの仲を修復したことによる再結成の可能性についてポール・マッカートニーは次のように続けている。「ちゃんと友情を取り戻せたからね。あれは本当に有り難いことだった。だから、時々考えるんだ。曲を書いている時に『ジョン、君に任せたいんだけど、次にどんな歌詞が来る?』ってね。僕の使えるヴァーチャルなジョンがいるんだよ」

先日、ポール・マッカートニーはニュー・アルバム『マッカートニーIII』の発売日が12月18日に変更されている。

『マッカートニーⅢ』は、ポールが自身の名を冠したソロ・アルバム『マッカートニー』をリリースしてから50周年にあたる今年に発売が予定されていたアルバムで、1970年にリリースされた『マッカートニー』、1980年リリースの『マッカートニーⅡ』の伝統に則り、文字通りの1人の作業で作られたセルフ・プロデュースの作品となっている。

当初、『マッカートニーIII』は12月11日に発売される予定だったが、1週間延期されて12月18日のリリースとなっている。

Copyright © 2022 NME Networks Media Limited. NME is a registered trademark of NME Networks Media Limited being used under licence.

関連タグ