Getty, Alex Kurunis

Photo: Getty, Alex Kurunis

ジェイムス・ブレイク、ビーバドゥービー、アーロ・パークスはクリスマスにちなんだカヴァーがアップル・ミュージックで公開されている。

これらの音源はアップル・ミュージックによるクリスマス・シングル・シリーズとして現地時間11月30日に公開されている。

アーロ・パークスはワム!の“Last Christmas”をミニマルなソウルフルな形でカヴァーしている。ビーバドゥービーはクリスマスの定番曲である“Winter Wonderland”をカヴァーしている。

ジェイムス・ブレイクは“In the Bleak Midwinter”という一風変わった曲を選んでいる。

ジェイムス・ブレイクはこの曲を選んだ理由についてゼイン・ロウに「クリスマスのポップ・ソングはどれも何度もカヴァーされているだろ」と語り、次のように続けている。「特に信仰があるというわけでもないけれど、アングリカン・チャーチやその合唱曲のスピリチュアルなヴァイブは好きなんだ」

「クラシックな合唱曲が与えてくれる感覚にはすごく僕にアピールするものがあるんだよね。ジェフ・バックリィが“Corpus Christi”をカヴァーしたのも大好きだったしね。心の奥で取り組むべきものだという意識があるんだ」

アーロ・パークスは1月にリリースされるデビュー・アルバム『コラプスド・イン・サンビームズ』より最新シングル“Caroline”が公開されている。アルバムからはこれまで“Green Eyes”、“Hurt”、“Black Dog”といった楽曲が公開されていた。

「アルバムは私の思春期やそれを形作ってきた人々の近いポートレイトになるわ。ストーリーテリングとノスタルジアに根付いたものとなっている。普遍性と詳細さの両方を感じ取ってもらえたらと思う」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ