GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーは2019年発表の『ウィー・アー・ノット・ユア・カインド』に続く新作を来年リリースすることを考えていると語っている。

新たなインタヴューでコリィ・テイラーはスリップノットがあとアルバム1枚をリリースすれば、現行のレコード契約を終わらせられることを明かしている。

「スリップノットについての今のプランは一つ、来年のツアーをやり終えること、もう一つはおそらく来年にもう1枚アルバムを出すことを考えることなんだ」とコリィ・テイラーは『グッド・カンパニー』のスコット・ボーリングに語っている。

コリィ・テイラーは次のように続けている。「でも、分からないけどさ。どんなプランになるかは分からないからね。分かっているのは未解決の仕事があるように感じているってことでね。何かをやる前にそれを終わらせたいんだ。まあ、それについての話をしていることは了解しているよ。というのも、今の契約ではあと1枚だけアルバムが残っているんだ」

先月、コリィ・テイラーは昨年リリースされた『ウィー・アー・ノット・ユア・カインド』に続く新作について準備の初期段階にあると明かしている。

『ジェイミーソン・ショウ』に出演したコリィ・テイラーは次のように語っている。「この間、何をすべきかについてクラウンと話をしたんだ。というのも、次のアルバムがどんなものになるかをもう考えているからね」

「彼は今イカした場所にいて、それが最高なんだ。彼がクレイジーな考え方をしている時って大好きなんだ。だって、これまで聴いたことがないものを聴けることになるって分かるからね」

先日、スリップノットのショーン・クラウンもバンドとしての新曲を書いていることを認めている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ