GETTY

Photo: GETTY

ブルース・スプリングスティーンとデュア・リパは来月『サタデー・ナイト・ライヴ』に出演することが発表されている。

12月5日の放送は俳優のジェイソン・ベイトマンが司会を務め、マスクなしでバーでパーティーを行う映像が話題になったことで出演が見送られていたモーガン・ウォーレンがパフォーマンスを行う予定となっている。

その翌週はティモシー・シャラメが司会を務め、ブルース・スプリングスティーン&Eストリート・バンドが出演する。12月19日は以前番組の出演者だったクリスティン・ウィグが司会を務め、デュア・リパが出演する。

ブルース・スプリングスティーンの『サタデー・ナイト・ライヴ』出演は2015年以来で、デュア・リパは2018年初出演以来となる。

10月にモーガン・ウォーレンの代役として『サタデー・ナイト・ライヴ』にはジャック・ホワイトが出演している。

ブルース・スプリングスティーンは先月、オリジナル・アルバムとしては2019年『ウエスタン・スターズ』に続く、通算20作目のスタジオ・アルバムとなる『レター・トゥ・ユー』がリリースされている。

デュア・リパは2021年のグラミー賞で全部で6部門でノミネートされている。“Don’t Start Now”が最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞にノミネートされており、アルバム『フューチャー・ノスタルジア』が最優秀アルバム賞にノミネートされている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ