GETTY

Photo: GETTY

エミネムはAIのボットが作ったフェイスブックのマーク・ザッカーバーグを批判する楽曲が公開されている。

カラミティAI・グループはエミネムのディープフェイクをしたという楽曲をYouTubeで公開されている。

「『エミネムのスタイルでマーク・ザッカーバーグを批判する楽曲』というタイトルを私たちは入力して、あとはAIに書かせました」とカラミティAI・グループは概要欄に記している。「そこから30HZに歌詞を送って、シンセサイザーとヴォーカルを制作してもらいました。音源はエミネムによってレコーディングされたものではありません」

音源はこちらから。

先日、エミネムは“Without Me”のミュージック・ビデオがYouTubeで10億回の再生回数を突破したことを受けて高画質版を公開している。

エミネムの通算4作目となるアルバム『エミネム・ショウ』に収録された2002年発表のヒット曲“Without Me”は11月11日に10億回を突破しており、シェイディ・レコーズのツイッター・アカウントはその瞬間に高画質版を公開することを発表している。

2002年最大のヒット作となった『エミネム・ショウ』はアメリカレコード協会によってダイアモンドに認定されており、全世界で2700万枚を売り上げている。これは史上最も売れたアルバムの一つで、今世紀では2位の記録となっている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ