GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975のマット・ヒーリーはアメリカ大統領選挙でのジョー・バイデンの勝利を祝福するプレイリストを公開している。

現地時間11月7日にジョー・バイデンはアメリカ大統領選挙での勝利を宣言している。彼は副大統領としてカマラ・ハリスを2021年1月20日に迎え入れる予定となっている。

マット・ヒーリーはインスタグラムへの新たな投稿でベージュの背景に黒の文字で次のように書いている。「ジョー・バイデンが勝利し、そして今、僕らは楽しんでいる」同じタイトルのプレイリストが公開されており、スティーヴィー・ワンダーの“Isn’t She Lovely”、アース・ウインド & ファイアーの“In The Stone”、ホイットニー・ヒューストンの“Million Dollar Bill”などの曲が選ばれている。

この投稿をInstagramで見る

New playlist (link in bio)

MATTY THE 1975 DIRTY HIT(@trumanblack)がシェアした投稿 –

プレイリストはこちらから。

アメリカ大統領選挙でのジョー・バイデンの勝利を記念してプレイリストを公開したのはマット・ヒーリーだけでなく、アーケイド・ファイアも『リターン・オブ・ザ・ジェダイ』というプレイリストを公開している。

ジョー・バイデンは日本時間11月8日午前10時40分頃から勝利宣言となる最初のスピーチを行っており、「悪魔化の暗い時代」を終わらせ、アメリカの団結を呼びかけている。

カマラ・ハリスもスピーチを行っており、彼女が副大統領になるための「道を作ってくれた」すべての女性に敬意を表している。彼女は女性で黒人として初の副大統領となる。

ザ・1975のマット・ヒーリーは母親である女優のデニス・ウェルチによれば、バンドを離れて、ソロ・プロジェクトに取り組んでいると報じられている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ