GETTY

Photo: GETTY

ブルース・スプリングスティーンはジョー・バイデン候補のコマーシャルでナレーションを担当している。

このコマーシャルはジョー・バイデンの地元であるペンシルバニア州スクラントンのアメリカの労働者階級に向けたものとなっている。

「スクラントンではいい時代など約束されていない。そう、ここやアメリカ中の都市ではそうあるべきよりも時代は大変になっている。生活は止まり、夢は保留となり、未来は疑わしい」とブルース・スプリングスティーンは語っている。

「彼はそれを変えるために出馬したんだ。労働者の人々にふさわしい勝ち目を与えるためにね。正直な仕事と正直な暮らし、1日の終わりにちょっとした心の穏やかさがあるようなね」

背景ではブルース・スプリングスティーンの楽曲“My Hometown”が使われている。“My Hometown”は80年代のアルバム『ボーン・イン・ザ・U.S.A.』に収録されている。

先日、ブルース・スプリングスティーンは大統領選挙でドナルド・トランプ大統領を政権から追い出そうと語っていた。

「今のホワイト・ハウスにはアートがないんだ。文学も、詩も、音楽もない」とブルース・スプリングスティーンはツイッターに投稿した動画で語っている。

彼は次のように続けている。「あの国はどこに行ってしまった? 楽しさや喜び、愛の発露、幸せはどこに行ってしまった? 分断するのではなく、この国を落ち着かせてくれる大統領がこれまではいた。今はリーダーもいなければ、喜びもない」

「もしトランプが再選されれば、そうはならないけれど……今ここで予言しよう、彼は負ける! しかし、何かの偶然で、もしもそんなことになったら、次の飛行機に乗るよ」

ブルース・スプリングスティーンに加えてカーディ・B、ジョン・ボン・ジョヴィ、フォール・アウト・ボーイ、デイヴ・グロールらもアメリカ大統領選挙で民主党候補のジョー・バイデンに投票するよう呼びかけている。

ブルース・スプリングスティーンは先月、最新作『レター・トゥ・ユー』をリリースしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ