GETTY

Photo: GETTY

レディー・ガガはジョー・バイデンを支持していることをプレス・リリースでドナルド・トランプ大統領と彼の報道官が批判したことを受けて反論している。

ドナルド・トランプ大統領の報道官であるティム・マートーは鍵となるペンシルバニア州のジョー・バイデンの選挙キャンペーンにレディー・ガガが参加したことを受けてプレス・リリースでジョー・バイデンについて「必死」だと述べている。

「(シェールガスの採掘法である)フラッキングに反対する活動家であるレディー・ガガと選挙キャンペーンを行うことほど、ペンシルバニア州の忘れられた労働者たちをジョー・バイデンが侮辱していることを露わにするものはないだろう」とティム・マートーは述べている。

「熱狂を生み出そうとするこの必死な試みはフラッキング業界で働くペンシルバニア州の60万人にとっては空虚なものだっただろう」

フラッキングは水圧破砕法と呼ばれ、水と化学薬品を岩盤に流し込んでガス/オイルを採取する方法だが、複数の土壌汚染の原因となっている。

現在ペンシルバニア州にいるレディー・ガガはドナルド・トランプ大統領とティム・マートーの両方に反応を示し、「家賃なし」であなたたちの頭に住むことができて嬉しいと述べている。

レディー・ガガについてはアメリカ国民に投票を促す動画で2010年のMTVビデオ・ミュージック・アウォーズで着たことで知られるフランク・フェルナンデスがデザインした肉のドレスを再び着ている。

「政府は明日なくなるものではありませんし、暮らす別の国へと行く飛行機のチケットでもない限り、あなたの母国となるのです。あなたがどう思おうとも、未来は投票するみんなの手の中にあるということを言っておくわ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ