GETTY

Photo: GETTY

ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドはトッド・ヘインズが監督を務める新たなドキュメンタリーが制作されることが決定している。

『ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド(原題)』と題された本作はトッド・ヘインズが共同プロデューサーも務め、アップルTV+で初公開される。公開日については明らかにされていない。

プレス・リリースによれば、このドキュメンタリーは当時、ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの周辺にいた「キーとなる人物」の談話を収録したもので、「未発表パフォーマンスやレコーディング音源の豊穣なコレクション、アンディ・ウォーホルの撮影した映像、他の実験的なアートといった宝の山」も使用されるという。

『ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド』はポリグラム・エンタテインメント、モットー・ピクチャーズ、キラー・フィルムズ、フェデラル・フィルムがプロデュースにクレジットされている。クリスティン・ヴァホン、ジュリー・ゴールドマン、クリストファー・クレメンツ、キャロライン・ヘップバーン、デヴィッド・ブラックマンがプロデューサーに名を連ねている。

1998年公開の『ベルベット・ゴールドマイン』、2007年公開の『アイム・ノット・ゼア』を監督してきたトッド・ヘインズは2017年に『ザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド』を取り組んでいることが明らかになっていた。当時、トッド・ヘインズは作品について「激しいヴィジュアル体験」になると語っていた。

先日、ジャーヴィス・コッカーはロンドンのバービカン・センターで行ったスペシャル・パフォーマンスでザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの“Venus In Furs”をカヴァーしている。9月にはホット・チップが“Candy Says”をカヴァーしている。

ケリー・リー・オーウェンズはジョン・ケイルが参加した新曲“Corner Of My Sky”をリリースしている。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ