Carl Dunn

Photo: Carl Dunn

レッド・ツェッペリンは『レッド・ツェッペリンIII』の発売から50周年を記念して“Immigrant Song”の限定アナログ盤をリリースすることを発表している。

“Immigrant Song”で幕を開ける『レッド・ツェッペリンIII』は1970年10月5日にアメリカでリリースされており、50周年を迎えている。UKとその他の地域ではその数週間後にリリースされている。

『レッド・ツェッペリンIII』の50周年を祝してアルバムからの唯一のシングルだった“Immigrant Song”の日本盤の復刻をリリースすることが今回発表されている。

リリースされる7インチ盤にはアルバム未収録曲“Hey, Hey, What Can I Do”が収録され、アートワークには発売当時の日本盤のスリーヴのデザインが復刻される。全世界19,700枚限定のリリースとなり、2021年1月15日にリリースされる。公式サイトでは予約も受け付けられている。

https://lz50.ledzeppelin.com

先日、レッド・ツェッペリンのギタリストであるジミー・ペイジはツアーを行うためにバンドが再結成することは「ほぼないだろう」と語っている。

「O2の時は僕とジョン・ポール・ジョーンズ、ジェイソン・ボーナムはもっとやることになると思ってたよ。更なる日程があると言われていたからね」

「O2の後やっていたら、いいものになったと思うよ。O2には多くの手間をかけて、やったからね。でも、実現しなかったんだよ」

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ