Creation Stories

Photo: Creation Stories

アラン・マッギーの伝記映画『クリエイション・ストーリーズ』は最初の本編映像が公開されている。

同名の自伝を映画化した『クリエイション・ストーリーズ』は『トレインスポッティング』シリーズで知られるユエン・ブレムナーがアラン・マッギーを演じている。

『トレインスポッティング』シリーズのアーヴィン・ウェルシュが脚本を手掛け、監督はニック・モーランが務めている。

「『トレインスポッティング』がクリエイションを手がけるようなものだね。コンセプトを理解してもらえればさ」とアラン・マッギーは昨年4月に『NME』に語っている。「ソニーの2人の重役が盛大にやり合っているのを僕が見ているというシーンがあるんだけどね。すごく面白いものになると思うよ」

最初の映像ではクリエイションの事務所の家賃を支払うためにアラン・マッギーがレーベルの白盤を中古レコード店で売り飛ばす様子が描かれている。

『クリエイション・ストーリーズ』にはジェイソン・アイザックス、エド・バーン、ポール・ケイ、ペリー・ベンソン、トーマス・ターグーズ、スティーヴン・バーコフ、ルーファス・ジョーンズらが出演している。

ニック・モーランは『クリエイション・ストーリーズ』について「現代の寓話」だとして、次のように評している。「教訓もあるけど、大部分は笑えて、時にハッとし、常に魅力的なんだ」

「否定し難い過去の実話にして、ロックンロールの最後の日々に関する楽しい歴史の授業でもある。はみ出し者の友人と1人の男のおかげでブリタニアが電波を支配し、インディ・レーベルがあっという間に歴史を変えたんだ。臆面もないエンタテインメントで全員が楽しめるはずだよ」

映画『クリエイション・ストーリーズ』の公開日は明らかにされていない。

Copyright © 2022 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ