GETTY

Photo: GETTY

スリップノットのコリィ・テイラーは2007年にアンスラックスに加入しようとしたものの、所属レーベルから止められたことを振り返っている。

ラジオ番組『トランク・ネイション』に出演したコリィ・テイラーは2005年にアンスラックスからジョン・ブッシュが脱退した際に加入しかけたことがあったと語っている。最終的にはダン・ネルソンが2007年に加入することになるが、それまではコリィ・テイラーが加入しかけていたという。

コリィ・テイラーは次のように語っている。「そんなに長く話したわけじゃないんだけど、一度やってみることについて話をしたいんだ。でも、何が起こるか見てみようということになったんだ」

「それがアイディアとして始まったのは俺がスコット・イアンとフランキー・ベロで一緒にニューヨークでやったアコースティック・ライヴだったんだ。終わった後、一緒につるんでたんだけど、冗談半分でこう言われたんだ。『君がアンスラックスに加入したらクールなんじゃないか?』ってね。みんなで笑っていたんだけど、その後止まって、『うーむ、面白いかもな』となったんだ」

「ジョン・ブッシュとジョーイ・ベラドンナの間の時期だったんだけど、まだ決まっていない状況で、俺たちは話をしていて、本当に入る感じになっていたんだ」

コリィ・テイラーはアンスラックスに加入しないようスリップノットのレーベルであるロードランナーに反対されたと説明している。

「ロードランナーから電話が来て、そうはさせないと言われたんだ。彼らはバンドに戻って、『オール・ホープ・イズ・ゴーン』をやらせたがっていたんだ。というのも、スリップノットのアルバムをもう1枚やる契約があったからね。許してもらえる余地がなかったんだ。正直、その人たちがまだロードランナーにいるのか分からないんだけどさ。でも、脅して服従させられて、それはきつかったよ」

「あの時は初めて窮地に立たされたように感じたの。スリップノットのアルバムをやりたくなかったわけじゃなかったんだけど、アンスラックスのアルバムをやるというアイディアに入れ込んでたんだ。電話をして、アンスラックスの連中に多分作ることはできないだろうと伝えたのを覚えているよ。すごく傷ついたね。だけど、明らかに彼らにとってはよかったよ」

「昔のと同じくらい今もいいものを作っているわけでさ。必要なことがまさに起こったんだよね。会話に参加できたことに感謝しているよ。そして、いまだに友人なんだ」

先日、スリップノットのコリィ・テイラーはソロ・アルバムより“Black Eyes Blue”のミュージック・ビデオが公開されている。

ソロ・デビュー・アルバム『CMFT』はロードランナー・レコーズより10月2日にリリースされる。アルバムには昔に書かれた曲と新たに書かれた曲の両方が収録されている。

アルバムはプロデューサーにジェイ・ラストンを迎えてラスベガスのハイドアウト・スタジオでレコーディングされている。参加メンバーはクリスチャン・マルトゥッチ、ザック・スローン、ジェイソン・クリストファー、ダスティン・ロバートとなっている。

ミュージック・ビデオはこちらから。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ