GETTY

Photo: GETTY

トラヴィス・スコットはクリストファー・ノーラン監督作品『テネット』のリード・トラックとなる“The Plan”が現地時間8月21日にリリースされることを発表している。

トラヴィス・スコットはシングルのアートワークをツイートして、「フレイム(トラヴィス・スコットの愛称)とクリストファー・ノーランで“The Plan”を仕上げたんだ。金曜日」とツイートしている。

『テネット』はクリストファー・ノーランにとって2017年公開のアカデミー賞受賞作『ダンケルク』以来となっている。

『テネット』は新型コロナウイルスのパンデミックによって公開が何度か延期されており、世界では8月26日から、日本では9月18日に公開される。

トラヴィス・スコットは『GQ』誌のインタヴューで『テネット』について厳しく口止めされているものの「ものすごく素晴らしい」と述べていた。

「説明なんてできないんだ」と彼は語っている。「文字通り見なきゃいけないんだよ。ものすごく素晴らしいんだ」

“The Plan”を聴いた『GQ』誌のライターであるゲリック・D・ケネディは「時空を彷徨う脳が液状化するようなトリップ」のそのサウンドを形容している。

『テネット』にはジョン・デイビット・ワシントン、ロバート・パティンソン、ケネス・ブラナー、エリザベス・デビッキ、マイケル・ケイン、クレマンス・ポエジー、ヒメーシュ・パテル、ディンプル・カパディアらが出演している。

『GQ』誌のインタヴューでトラヴィス・スコットはキッド・カディとジョイント・アルバムを制作していることも明かしている。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ