GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975のマット・ヒーリーとジョージ・ダニエルは『ソング・エクスプローダー』のポッドキャストに出演して、最新作『仮定形に関する注釈』に収録されている“The Birthday Party”の制作過程について語っている。

マット・ヒーリーは“The Birthday Party”について彼やジョージ・ダニエルが全体のアイディアを思いつくのではなく、バンドで作曲やアレンジをしていた貴重な例だと述べている。

2人はiPhoneで録音した初期のアコースティック・バージョンもポッドキャスト内で公開している。

アコースティック・バージョンは5分45秒から。

マット・ヒーリーはリハビリを出て初めて再発した交際が終わる時期にこの曲を書いたと説明している。

「すべてが自然と終わりに向かっていく感じだった。それを曲にしたら、ロマンティックで素晴らしいものになったんだけど、現実はどれも退屈で悲しいものだった」

「自分は生活の退屈で悲しいものからアートを作ろうとしているんだ。単に退屈で悲しいだけよりマシだからね」

マット・ヒーリーは続けてこの曲でハウス・パーティーでの会話を模倣してみようと思ったと述べている。

「自分の年齢についての曲なんだ。歳をとっているわけでもなければ、ティーンエイジャーでもない。今の年齢がどういうものかを反映させたかったんだよね。いまだに感情の面で未熟な人もいるし、ずっと大人になってしまった人もいるというね」

ジョージ・ダニエルは女性のヴォコーダーの声は元々女性のコーラス隊が歌う予定だったが、マット・ヒーリーが歌ったデモのままにしたことを明かしている。

「まず笑えるのと、あとはそれが一番いいと思ったからなんだ」とマット・ヒーリーは語っている。

ザ・1975は何度かの延期を経て『仮定形に関する注釈』を今年5月にリリースしている。先月、ザ・1975は最新作『仮定形に関する注釈』の各楽曲に対して制作された映像作品をまとめた展覧会サイトを立ち上げている。

先日、ザ・1975は新たなヨーロッパ・ツアーの日程を発表している。ヨーロッパ・ツアーは最新作の制作のために10月に延期されていたが、新型コロナウイルスのパンデミックを受けて来年の2月から3月にかけて行われる。

ザ・1975はロンドンのフィンズベリー・パークで行う大規模公演についても2021年に延期することも発表している。

Copyright © 2021 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ