GETTY

Photo: GETTY

トム・ヨークは全3回の最後となるソノス・ラジオに提供したミックス音源が公開されている。

トム・ヨークはミックス音源で影響を受けた音楽や最近のお気に入りを明かしており、ローリー・アンダーソン、フォンテインズD.C.、アーマンド・ハマー、ジェイムス・ブレイク、ニッキー・ミナージュらの楽曲が取り上げられている。

現在、ミックス音源はソノス・ラジオだけで公開されており、今後ミックスクラウドでもアーカイヴ公開される予定となっている。

先日、トム・ヨークは自身のワールド・ツアーに新たな公演を追加し、グラスゴー公演は日程と会場を変更している。

レディオヘッドのフロントマンであるトム・ヨークは昨年ソロとして3作目となる『ANIMA』をリリースしているが、新型コロナウイルスの感染拡大で今年5月に2020年に予定されていたツアーを2021年に延期することを発表していた。

これに加えて2021年6月20日にパリのゼニットで行う公演と、2021年6月23日にブライトンのブライトン・センターで行う公演が追加されている。

4月にトム・ヨークはアメリカのテレビ番組「ザ・トゥナイト・ショウ・スターリング・ジミー・ファロン」で新曲“Plasticine Figures”を披露している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ