PRESS / GETTY

Photo: PRESS / GETTY

スリップノットのフロントマンであるコリィ・テイラーは新たなインタヴューでカニエ・ウェストへの心配と援助について語っている。

7月にカニエ・ウェストはアメリカ大統領選挙に出馬することを発表している。カニエ・ウェストのその後の行動は多くの議論を呼ぶこととなっており、カニエ・ウェストの精神状態についての心配も寄せられる事態となっている。

『ラウドワイアー』のインタヴューでコリィ・テイラーはカニエ・ウェストの最近の行動を「非常に熱心に」注目していたと述べており、心配になったと語っている。

「正直、精神的崩壊を起こした人のように思えたんだ」とコリィ・テイラーはカニエ・ウェストについて語っている。「名声や金やその他のものがあろうが、精神状態を悪化させてしまった時には心配される権利があるんだ。彼には家族もいるしね。心配して彼の面倒を看る人もいるわけだからね」

「遠くから見れば笑い事なんだろうけどさ。別の見方をすれば、リアルタイムで精神的崩壊が起きているのを目撃しているわけでさ。特に多くの人に愛されている人物なわけでね。彼の行動の多くはシリアスに受け止められるべきだと思う」とコリィ・テイラーは語っている。

「彼が必要な助けを得られることを願っているよ」

カニエ・ウェストの選挙活動についてはケイティ・ペリーやチャンス・ザ・ラッパー、キッスのポール・スタンレー、50セントらもコメントしている。カニエ・ウェストについてはこれまでコラボレーションしてきたジェイミー・フォックス、トレイ・ソングス、ウィル・アイ・アムからも批判が寄せられており、プランド・ペアレントフッドも批判している。

カニエ・ウェストの妻であるキム・カーダシアンはカニエ・ウェストを擁護しており、過去に双極性障害を抱えていたことに触れ、医療を受けるようにはたらきかけるとしている。

その後、カニエ・ウェストは既に消されてしまったツイートで妻のキム・カーダシアンに謝罪している。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ