GETTY

Photo: GETTY

ザ・1975は再度、来たるヨーロッパ・ツアーの日程を発表している。

ヨーロッパ・ツアーは本来2月に行われる予定だったが、最新作『仮定形に関する注釈』の制作のために10月に延期されていた。

今回、新型コロナウイルスのパンデミックのためにツアーは再度2021年の2月から3月に延期されている。

新たなツアーは2021年2月21日のコペンハーゲン公演からスタートし、オスロやストックホルム、ベルリン、ミラノなどで公演を行った後、3月9日のバルセロナ公演で締めくくられる予定となっている。

先日、ザ・1975はロンドンのフィンズベリー・パークで行う大規模公演についても2021年に延期することを発表していた。

新たなツアー日程は以下の通り。

February 2021
12th – Copenhagen, Tap 1
13th – Oslo, Spektrum
15th – Stockholm, Annexet
17th – Warsaw, Stodola
18th – Vienna, Gasometer
20th – Berlin, Velodrom
22nd – Dusseldorf, Mitsubishi Electric Halle
23rd – Frankfurt, Jahrhunderthalle
24th – Munich, Zenith
26th – Milan, Fabrique
27th – Zurich, Samsung Hall

March 2021
1st – Amsterdam, AFAS Live
3rd – Brussels, Ancienne Belgique
4th – Paris, Salle Pleyel
6th – Lisbon, Altice Arena
8th – Madrid, WiZink Center
9th – Barcelona, Razzmatazz

また、ザ・1975は最新作より“Roadkill”の映像作品が公開されている。

ザ・1975はベン・ディットーと共に15人のアーティストが最新作の曲にちなんだ動画を発表するオンラインの展覧会をキュレーションしており、今回は12番となるミア・ケリンの作品が公開されている。

“Roadkill”の映像作品はこちらから。

Copyright © 2020 BandLab UK Limited. NME is a registered trademark of BandLab UK Limited being used under licence.

関連タグ